お酒は控えよう!髪の毛を守るため大事なこと

お酒は控えよう!髪の毛を守るため大事なこと

お酒は控えよう!髪の毛を守るため大事なこと

 

お酒というとアルコール、肝臓へのダメージや依存症に対してのイメージがかなり強いかなと思います。
でもこの肝臓へのダメージが髪の毛にも悪影響を与えてるんです。
体に良くないことはわかってるお酒ですが髪にもよくないんですね。

 

その理由というのが肝臓との関係。
一見全然関係がないように思いますが深ーく関係してるんです。

 

まず体の中に入ったお酒というのは肝臓まで生き、そこで分解します。
ここで肝臓は毒物を発生させるんです。
ただ、この毒素は最終的には無害な物質に分解されるんですがこの分解する中でビタミンなどを消費します。

 

ここがかなり大事なポイント。
髪の毛というのは材料になるのがアミノ酸やこのビタミンです。

 

髪の毛に回されるはずだった栄養素が肝臓での毒素の分解に充てられてしまうので結果的に、髪が育ちにくくなります。
そうなると薄毛になる、という最悪の状態になります。

 

髪が育つ栄養が足りなくなるということは新しく生まれてくる髪が出ないということ。
髪が抜けて新しく出てくるというサイクルが壊れてしまうんです。
こうなってしまうとただ抜ける、ということだけが進むのでどんどん薄くなっていくんです。

 

お酒に酔って髪が直接抜けるわけではないですが恐ろしいですよね。
体にいいということもないので飲みすぎだという人は控えてみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ